Madrid, 19 Luglio 2016

 

Carissimi fratelli,

Vi do una grande notizia: oggi, alle 16,45, la nostra sorella Carmen è partita per il Cielo. È certo che Nostro Signore Gesù è venuto a prendere la sua anima per portarla con sé.

Mentre soffriamo per la sua mancanza, soprattutto io, siamo contenti di saper che Nostro Signore Gesù se l’abbia portata con sé.

Carmen, che grande aiuto per il Cammino! Mai mi ha adulato, sempre pensando al bene della Chiesa. Che donna forte! Non ho mai conosciuto nessuno come lei. Negli annunci ai giovani, con il Papa, come ora in Cracovia, sempre diceva loro: “La donna è la cosa più importante nella Chiesa, perché porta nel suo seno la fabbrica della vita. Per questo, dalla prima pagina del Genesi sino alla fine dell’Apocalisse sempre il demonio persegue la donna”. E concludeva dicendo: “Il Kiko ve lo regalo”!

Spero morire presto e riunirmi con lei. Carmen è stata per me un avvenimento meraviglioso: la donna, il suo genio grande, il suo carisma, il suo amore per il Papa e, soprattutto, il suo amore alla Chiesa.

Bene fratelli, ho l’anima addolorata, perché non è con noi. Ma la fede mi aiuta e conferma che sta con Cristo. Pregate per lei. Potete celebrare una messa tutti insieme in commemorazione di Carmen.

L’Arcivescovo di Madrid ha accettato che si faccia il funerale di Carmen, con il corpo presente, nella Cattedrale, e forse lo presiederà il Card. Rouco. Al funerale sono invitati gli itineranti d’Europa, se potete venire. Vi comunicheremo il giorno esatto.

Animo, che Cristo è risuscitato ed ha vinto la morte per noi!

Per me è stato commovente che abbia atteso che io giungessi, la baciassi e le dicessi: “Animo”. E dopo averle dato un bacio è spirata.

 

 

 

 

Cristo

新求道期間の道の規約

 

1

  1. 新求道期間の道の本質は教皇ヨハネ・パウロ二世の次の言葉に示されている。「我々の社会、またわれわれの時代において、新求道期間の道はカトリック養成の道として有効なものであると私は認めます。」

  2. 新求道期間の道は教区において実施される、キリスト教入信と信仰の継続養成の一つの方式として司教に提供されるものである。

  3. 公の法人格を有する新求道期間の道は次に掲げる精神的財産からなる。

  1. 「新求道期間」あるいは洗礼後の求道期間。

  2. 信仰の継続養成。

  3. 洗礼求道期間。

  4. カテケージス奉仕。

============

 

新求道期間の道

 

世界が異教徒たちばかりだった初代教会においては、キリスト教徒になることを望んだ人たちは「新求道期間」、即ち、洗礼の準備のための過程から始めなければならなかった。今日では、社会の世俗化とともに多くの人々が信仰と教会を捨てた。その為に、キリスト教的養成の過程が必要になった。

新求道期間の道は運動や組織ではなく、信仰を捨てた多くの人が信仰に立ちかえるのを助けるために、小教区において司教に奉仕する手段である。

道は1960年代にマドリッド郊外のスラム街でキコ・アルゲリオ氏とカルメン・エルナンデス女史によって始められ、最初に誕生した共同体の中に、神のみ言葉の真の再発見と、当時公会議によって提唱された典礼刷新が具体化されているのを認めた当時のマドリッドのカシミロ・モルシリオ大司教によって認可された。

マドリッドの教会における良い経験を見て、典礼省は1974年にこの経験に対して「新求道期間の道

と言う名前を与えた。

それは福音の豊かさを再発見する回心の道である。

今日までに、道は105カ国の900以上の司教区に広がり、6000の小教区において20,000以上の共同体を数えるにいたった。

1987年に最初の国際宣教神学院「レデンプトーリスマーテル」がローマに開設された。この神学院は新求道共同体の中で感じた召命が成熟し、世界中のどこへでも行って福音を宣べ伝えることへの呼びかけに応えた若者たちを受け入れる。多くの司教達が相次いでこのローマの経験に従い、今日では70以上の教区立「レデンプトーリスマーテル」宣教神学院で2000人以上の神学生が養成を受けている。

最近では、教皇による新しい福音宣教のための呼びかけに応えて、この経験を生きた多数の家族たちが、最も世俗化し非キリスト教化した地域に行って、新しい宣教小教区の誕生を準備し、教会の宣教活動を助けるために献身している。